青鳩幼稚園 TEL:03-3602-0810

header_bottom
教育方針
生活の基本を身につけ、みんなで成長する。

集団で過ごすことで生活のきまりや思いやりの心を養い、将来たくましく生きていくための基礎づくりをしていきます。元気なあいさつや「ありがとう」「ごめんなさい」が素直に言えることが第一歩。着替えや片付けなど、身の回りのことも自分でできるようにします。また、動植物の世話を通していのちの大切さを教えます。
たくさんの体験が、可能性につながる。

子どもの「試したい」という気持ちを尊重しています。自分から選んでする活動(遊び)では、主体性が養われ、先生の投げかけでする活動では、知識や技術が身につきます。たとえ失敗しても、そこから別の方法を考えたり、もう一度がんばろうとする強さがうまれます。こうした体験を重ねることで、「遊び」は「学び」になるのです。できる限りたくさんの遊びと体験ができる環境を用意していきます。
成長を見守り、一緒に喜べる大人たちがいる。

どの子にも、温かいまなざしと言葉をかけてあげられる。そんな大人たちが周りにいる環境がとても大切です。見守られているという安心感があると、子どもはいっそう意欲的に活動をし、大きな成長へとつながっていきます。そして、子どもたちが笑顔で活動し成長していけるよう、お父さんお母さんと一緒に見守っていきたいと考えています。
教育目標
あいさつのできる子
明るくのびのびした子
思いやりのある子
自分から進んで喜んでやれる子
興味を持ち努力する子
ねばり強くがんばれる子
努力している点
自然環境と触れあう活動を大切にしています。動植物や昆虫の世話をすることでやさしさを育て、野菜の栽培を通して自然の恵みへの理解を深めていきます。
考えることを大切にし、教師も子どもたちも園生活の中で創意工夫を心掛けて、活動しています。
健康な身体の基礎をつくる為に運動遊びを盛んに行っています。また、外部講師による体操教室を開き意欲を育て、態度を身につけています。
幼児期から異文化コミュニケーションを計るため、外国人講師による英語教室を全学年で行っています。
五感が向上する幼児期に、音楽(リズム楽器、ハーモニカ、木琴等の合奏)を楽しみ、童話、紙芝居、紙人形芝居、パネルシアター、絵ばなし、廃材を利用した手作りおもちゃ等にふれさせています。
幼児期は人の土台作りとなる重要な時期なので、子ども一人ひとりの特性や発達の個人差に応じた教育ができるよう、個人記録簿(園生活において、子どもの成長を把握するための資料)を作っています。
自園給食を導入し、健康な体づくりに取り組んでいます。食に対する興味や関心を高め、食の大切さを伝えています。
特別活動について

○英語遊び

小学校で行われる外国語活動を見据えて、英語に慣れ親しむ機会を設けています。年少から年長まで全学年、外国人講師と一緒にゲームや歌遊びを通して英語を楽しみながらコミュニケーションすることを目的としています。
photo1

○英語遊び

小学校で行われる外国語活動を見据えて、英語に慣れ親しむ機会を設けています。年少から年長まで全学年、外国人講師と一緒にゲームや歌遊びを通して英語を楽しみながらコミュニケーションすることを目的としています。

○農園栽培

青鳩農園にて、季節の野菜の種まきから収穫までを体験・観察します。成長過程での不思議なことや収穫の喜びなど、貴重な経験をしています。
photo2

○農園栽培

青鳩農園にて、季節の野菜の種まきから収穫までを体験・観察します。成長過程での不思議なことや収穫の喜びなど、貴重な経験をしています。